ホーム + 文字を大きくする | + 文字を小さくする
のびのび農家民泊

きかくいと
なるほど食育
極甘とうきび体験
のびのび農家民泊
ふむふむスローライフ講座
みつけたスナップ
行っちゃえMAP

竹田農家民泊ブログ
おいしいトコどり!美肌効果抜群メニュー&手作り豆腐づくり
のびのび農家民泊
のびのび農家民泊
のびのび農家民泊
のびのび農家民泊
農家の畑で作られた自家製の旬の野菜をふんだんに使った料理や、手作り豆腐が自慢。田舎での生活を楽しみたい人や女性の方に必見の美肌効果の料理や農家ならではの体験が待っています。豆腐づくりなどのほかに、こんにゃく作りやまき割り体験などがあります。体験は事前にお願いすれば、ほとんどのメニューが体験することができます。

韓国の人、県外の人など様々な地域の人が訪れている。
会社の企画の監修でくる人も多い。

■体験メニュー

・野菜の収穫、木工・竹加工、豆腐づくり、田植え、稲刈り、漬け物造り、こんにゃく作り、まき割り、カボスの収穫、栗・銀杏拾い、たかな折り、田畑の仕事、稲刈り、しいたけ駒うち、藁加工
おすすめポイント!
・季節によって体験の内容が変わり、体験の種類が豊富にあること(こんにゃく作り、野菜の収穫、ブルーベリーのジャムづくり、など)
・竹細工や木で作る小物などをお土産として持ち帰ることができる
・かわいい犬が出迎えてくれる

体験レポート

<2012年>
こんにゃく作りや竹細工加工、木工細工加工の体験を行いました。
こんにゃく作りはこんにゃく芋を茹でる作業から始まり、水で冷やしながら皮をむき、ミキサーでペースト状にして、最後はねんど状になったこんにゃく芋を型に入れてまた茹でるまでをしました。竹細工では木べらを一からではなく、あらかじめ作られたものをやすりで削りました。木工細工は紅葉型の鍋敷きを作りました。
作り方は木べらと同様。どちらとも今まで体験したことがなかったため非常に興味深く、また印象に残った。
羽田野さんは私を家族のように接してくれ、すごしやすく、また是非とも行きたいと思いました。

ブルーベリー、ピーマン、きゅうりなどの収穫体験やブルーベリージャム作り、鍋敷きや木べらなどの竹細工づくりなどを体験しました。
一番面白かったものは、竹細工づくりです。竹細工で鍋敷きや木べらなどを安全な機械を使って作るので怪我をすることなく作業ができます。
仕上げはおじいちゃんがしてくれるのできれいに仕上がります。昼食はカレーを食べ、時間いっぱいまで話をしていました。
なかなか出来ない体験ができ一生の思い出になりました。


<2010年>
まず初めに、扇森稲荷神社と竹田湧水に立ち寄りました。初日は、あいにくの雨でしたが、そのことが逆に神秘的な雰囲気で、神社の荘厳さが引き立たっているようでした。湧水は、非常に水が軟らかくとても飲みやすかったです。民宿に到着してからは、豆腐づくり体験や、太巻きづくり、木工・竹加工体験(鍋式、しゃもじetc…)をしました。夕食は、自分たちで収穫した採れたての野菜と、豆腐などをお母さんが調理してくださいました。旬の野菜で、美肌効果も抜群なメニューや昔ながらの伝統料理がいただけます。お父さん、お母さんは、とても気さくな方で実家に帰ったような気分で過ごせました。ありがとうございました。<ちこ19歳・くにこ20歳>
 


のびのび農家民泊

のびのび農家民泊

のびのび農家民泊

のびのび農家民泊

のびのび農家民泊

のびのび農家民泊

Q1 農家民泊を始めて何年経つか。
3年目(2011年現在)
Q2 ずっと竹田に住んでいるのかどうか。
ずっと住んでいる。(約73年、2011年現在)
Q3 農家民泊を始めたきっかけは何か。
子どもが大きくなって出て行き、大きな家が残ってもったいなかったから。
Q4 農家民泊をやってみて感じるやりがいは何か。
やりがいは、若い人のパワーをもらえる。民泊した人から必ず手紙が来たり付き合いができる。
Q5 食についての考え。
安全第一。
Q6 「竹田」についてどう感じているか。また竹田の魅力は何か。
自然や観光など竹田には魅力が多い。
Q7 農業についての苦労ややりがいは何か。
体力的に大変だが、収穫の時の喜びは格別。
Q8これから取り組んでみたいことは何か。
今は大人のお客さんが多いので、子ども(小学高学年〜中学生)を集団で受け入れたい。
Q9 個人的エピソードや思い出話、懐かしい話
お客さんが来るたびに写真をとってアルバムを作っている。今までにいろいろなお客さんが
来た。韓国人のお客さんもいて、会話に苦労したため、韓国語を書いたプレートを作った。
2016年版の雲中坂はこちらから

大きな地図で見る

施設の詳細情報


電話:0974-62-4838
代表者:羽田野あき子
住所:竹田市大字竹田993番地
宿泊料金:一泊二食 6000円 
(小学生以下4500円)
素泊 4000円
収容人数:7名
駐車場:6台
アクセス:JR豊後竹田駅から車で10分
蛍の里のぶどう畑|農業体験民宿 農村塾 稲作|木洩陽の館|高原の宿ピオーネ|花ぐらし|農家民泊ひらく亭|桜の森|雲中坂(うんちゅうざか)|体験宿泊 ひろちゃん農園|仲太郎(なかたろう)山野草の里あいちゃあとつばさ農泊やりさん森のリストランテ サリモス森のぶらんこ農泊みたい椎茸園農泊みっちゃん葡萄の家 敬土庵