ホーム + 文字を大きくする | + 文字を小さくする
のびのび農家民泊

とっぷぺーじへもどる
きかくいと
なるほど食育
極甘とうきび体験
のびのび農家民泊
ふむふむスローライフ講座
みつけたスナップ
行っちゃえMAP

竹田農家民泊ブログ

命の水が流れるところ〜目で耳で舌で癒されて〜
                                           2012年体験レポートはこちらから

 8月4日から5日にかけて農家民泊を体験してきました。
私たちが泊まったのは足立さん家族が経営されている『命水苑』、
エノハ(ヤマメ)の養殖場で獲れたてのエノハ料理を味わうことができます。
私たちはここで、今までしたことがない魚の掴み取りや三枚おろしのさばき方の体験ができると聞き、とてもわくわくしながら参加しました。
実際に水の中に入ってみると、近くに湧水が出ているせいかとても冷たくてきれいな水なんだなあと思いました。
魚を捕まえようと意気込んでいましたが、なかなか思うように捕まえることができずとても苦戦しました。川魚はうろこがなくぬるぬるしていて少し気持ち悪かったけど、初めて捕まえたときはとても嬉しかったです!
   そして、捕った魚をすぐにさばきました。
活きがよく暴れる魚を足立さんが頭を叩いて気絶させる技にはとても衝撃を受けました。
生きている魚と死んでいる魚では、さばいた感じが全く違いました!
生きている魚はとてもみがやわらかく包丁がなかなか入らず、加えてぬるぬるしているので思うようにさばけませんでした。
さばいて開いてみると色はサーモンみたいな色できれいでした。
私たちが捕った魚は、足立さん家族が調理してくれました。
たくさんの魚料理を出していただき、
同じ魚でも調理方法を変えるだけで違った楽しみ方があるんだなあと感じました。
 
 卵から骨まで余すとこなく堪能させていただきました!
 
エノハのフライ↑頭から骨まで丸ごと食べられるやわらかさ。  脂の乗ったぷりっぷりのお刺身↑
炭火で焼いた塩焼きは身がホクホク↓
〆はえのはのお茶漬け、上にのっかったシソの実がいいアクセントです↓
 夜には夜なべ談義で、足立さんの作ったおいしい燻製をいただきながらたくさんの貴重なお話を聞くことができました。
なかなかできない体験もすることができとても濃い一日を過ごせました!
皆さんもぜひ、足立さんの優しい笑顔とおいしい料理に癒されに訪れてみてください!!!
                                         情報コミュニケーション学科 首藤千莉

大きな地図で見る

施設の詳細情報


電話:0974-63-2163
住所:大分県竹田市入田20
駐車場:40台
アクセス:JR豊肥本線 豊後竹田 から 車で15分
蛍の里のぶどう畑|農業体験民宿 農村塾 稲作|木洩陽の館|高原の宿ピオーネ|花ぐらし|農家民泊ひらく亭|桜の森|雲中坂(うんちゅうざか)|体験宿泊 ひろちゃん農園|仲太郎(なかたろう)山野草の里あいちゃあとつばさ農泊やりさん森のリストランテ サリモス森のぶらんこ農泊みたい椎茸園農泊みっちゃん葡萄の家 敬土庵